TOP > 講師紹介 > ■東京第3支部 SG:多胡早人(たごはやと)

■東京第3支部 SG:多胡早人(たごはやと)

講師紹介 
fpc_sImg_rstuvwxyz11gnw6.jpg東京都SG:賃貸経営コンサルティングマスター

多胡早人(たごはやと)現在の仕事:
不動産コンサルティング(新築アパート・マンションの建築企画、不動産投資)
不動産カウンセリング(不動産に関する心の悩み相談)
貸家貸地の権利調整、売買仲介、賃貸仲介


資格:
賃貸経営コンサルティングマスター
宅地建物取引主任者
ケーラー・コミュニケーションズ・ジャパン認定 PCM(プロセスコミュニケーションモデル(R))
認定トレーナー
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)プラクティショナー

趣味・特技:
読書、ゴルフ、渓流釣り、MTBツーリング

プロフィール:
昭和48年(1973年)神奈川県横浜市生まれ。明治学院大学経済学科卒。
卒業後、不動産コンサルティング会社に入社し、主に相続財産(不動産)の生前対策から相続発生後の納税処理までをサポートする企画提案・実務・各交渉業務を行い、様々な物納業務や特に人間関係が複雑に絡み合った案件を多く手掛ける。
退社後、数社の不動産会社にて不動産全般の業務に従事し、2008年に株式会社EARTH CREATEを設立し独立。
不動産業という仕事柄、対人折衝が多いため、心理学を学びそれを実践に活用。2008年からPCM(プロセスコミュニケーションモデル)という心理 学の認定トレーナー(日本で認定された最初の6名 ※2010年現在、日本国内の認定トレーナーは22名)としてのセミナー講師活動やカウンセリングなども行い、不動産のみならず、日々多くの心の相談も受 けている。
また、大家検定では、公認テキスト(不動産投資部分)の執筆にも携わる。

主な開催エリア:
東京都渋谷区・世田谷区、中央区ほか

受講生へのメッセージ:
過去、1000人を超える大家さん地主さんのご相談を受け、その問題解決の仕事をしてまいりました。

そこで気付いた事が二つあります。

一つは、知識(不動産・法律・税務)がない為、多くの大家さん、地主さんが損をされているという事。

知っていれば損をせずに済んだのに・・、知っていればトラブルを未然に防ぐ事が出来たのに・・
と思った事は少なくありません。

もう一つは、賃貸経営には”光と影”があるという事です。

巷に溢れる賃貸経営に関する情報は賃貸経営の光の部分にスポットライトを当てたものが多く、
現実には良い事ばかりではありません。アパートを相続したら、不労所得以外に入居者との
トラブルも相続した。借金のプレッシャーに耐えられなくなってしまった。など、ネガティブな部分は
あまり多くは語られませんが、影の部分があるのも事実です。

人口減少の一途をたどる現在、賃貸経営においても二極化が激しく、満室経営の勝ち組、
空室に日々頭を悩ませる負け組にはっきりと分かれてきています。
単に人任せにせずに、自らも知識を身につけ実践していく人達しか生き残れない時代に
突入してしまいました。

この大家検定の講座内容は、幅広い分野にわたり実務的な知識が体系立てられており、
学びやすく習得しやすいカリキュラムとなっています。

実際の講義の中では、心の専門家の立場で下記のような内容を交えながら話をしています。

・ 「賃貸経営をするにあたり必ずやってくる“感情の波”」
・ 「入居者のクレームを未然に防ぐ方法」
・ 「賃貸経営という産業構造が生んでしまうクレーム」
・ 「賃貸経営ストレスマネジメント」


 最後に・・
“みなさんが、知識を身につけ健全な賃貸経営を行う事によって、心の平安が訪れ安心して暮らせる” その為のお手伝いとして、私自身、貢献することが出来れば幸いです。

東京第3支部SG2級認定講座参加者様の声

世間ではけっこう簡単に大家業が出来るような本やメルマガがありますが、「やはり現実は色々な知識や計画、心構えが必要なんだな」と思いました。特に税金や手続きの知識は必要だと痛感しました。知らない事は危険です。
(T・Sさん 30代 女性)

これからの賃貸住宅は、入居者のニーズをこまやかに拾っていかないとダメなんだなと改めて認識しました。(T・Fさん 30代 男性)

2 級講座の授業内容は、実際に賃貸経営をしている自分にとっては「知りたかった事」が多く盛り込まれていると思いました。苦手な税務についても、比較的わか りやすく説明されているとは感じましたが、もっともっと勉強あるのみ!というか、コモン税理士に丸投げではダメですね・・・と、身にしみてわかりました。 (A・Yさん 40代 女性)