TOP > 講師紹介 > ■東京第3支部長:山口浩明(やまぐちひろあき)

■東京第3支部長:山口浩明(やまぐちひろあき)

講師紹介 

 

fpc_sImg_rstuvwxyz11g8uy.jpg現在の仕事:
IT機器総合商社代表・不動産コンサルタント・シェア住居運営事業を展開中。

趣味・特技:
美術品鑑賞・健康のためスポーツクラブで汗を流す

プロフィール:
1962年東京都豊島区生まれ。東海大学政治経済学部卒。大手IT機器総合商社に勤務後独立。
1998年ITソリューションコンサルティング事業を立ち上げる。
以後大家業を始め4棟を所有。そのうちの1棟は東京都内の築50年で誰も手を付けなかった廃屋
家屋をゲストハウスとして再生させ運営を行っている。
得意な分野は築古物件を再生して高利回りで稼動させる不動産の再生事業。自らが一大家として
の目線をいつも忘れず普通の人が誰でも工夫すれば活用できるテクニックのプロフェッショナルを自負しています。

主な開催エリア:
東京都 港区 渋谷区

受講生へのメッセージ:
あなたが、このメッセージを読んでいるということは、あなたもきっと私と同じようにこれからの時代、
一次収入だけでなく不労所得を得て経済的自由を手に入れようと考えている方だと思います。
しかし現実はそう甘くありません。不動産ビジネスには数多くの落とし穴が待っています。
現に私自身も収益不動産を所有してさえいれば左うちわになれるものと思っていました。ところが
手に入れた瞬間に次から次へと待ったなしで解決しなければならない事案がまるでバッティング
センター状態の如く降りかかってきたのです。
それらを解決するためにさまざまなセミナーに参加したり本を読むなどして積極的に学び、もぐら
叩きの如くそれらを一つ一つ実践に移していきました。
そうやって数多く学んだ中でも2005年に学んだ賃貸経営実務(大家検定のベースになっているもの)
に関するカリキュラムは特別でした。まさにベースとなる普遍的内容だったからです。
この知識があったからこそ単一的で搾取され続けていた賃貸経営から実り多き高収益高稼動の
賃貸経営へシフト出来たのだと思います。
まだまだ発展途上の私ですが、賃貸経営実務に関する知識を一人でも多くの人に伝えることが
私の役目であると信じて賃貸経営コンサルティングマスターになる事を決断。然るべき審査を経て
この度講師としてデビューすることになりました。
まずは大家検定2級を学んで空室対策能力を格段にアップすること。これが自分にとって重要だ
と思われたあなたと、創造的な知識の共有ができることを楽しみにしています。

東京第3支部2級認定講座参加者様の声

・今回大家検定に参加し非常に多くのノウハウを得たと思います。賃貸経営を行う上でのリスク管理や満室にするためのいろいろな方法など学ぶべき事が多かったです。
是非検定1級にもチャレンジして今後更に勉強を続けて行きたいと考えています。
(三輪 茂さん)

・今まであいまいであった知識が再確認できとても勉強になった。
シェアハウスと言う形態があることを初めて知り驚いた。
賃貸経営においてデッドクロスが必ず発生し対応する必要性を改めて感じた。(中村 茂さん)

・今まで書物だけで勉強してきました。講義を通して知らなかった話を伺えて受講して
良かったと感じています。ありがとうございました。TKさん 49歳 男性
 
・ためになる部分が非常に多く参加して正解でした。各項目のもう少し深い部分を更に学びたくなりました。2級に合格した暁には更に1級を目指して行き実践に役立てて行きたいと思います。MSさん 35歳 男性

・不動産投資の基礎を学習するために参加しましたが講義の前にあった「基礎ではなく難しい話しばかりでついていけなかったらどうしよう...」という不安が講義後に消えているほど判り易く教えて頂きました。また講義の内容が将来のその場面をイメージ出来るような内容でしたのでとても役に立ちました。 MHさん 男性 27歳

・現在 賃貸管理経営を行っていますが 実際行っている事の内容がよく理解出来た。今後の色々な場面において活用出来役立てられたらと思います。 EOさん 41歳 女性

・普段読んでいる書物では知る事が出来ないお話を伺えて大変参考になりました。ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。 TKさん 男性 49歳